2022-03-14

東京荒野28号に二人の作品が掲載

この度、二人の作品が『東京荒野28号』という季刊誌に掲載されることになった。ちなみに多宇加世は前号の27号にも詩が載っている。

当ページで毎月やっているような、二人の作品を融合させたというのでなく、各々の作品を応募したら採用された。

 

 

東京荒野28号
1,100円(税込)

牧野楠葉『フェイク広告の巨匠』(幻冬舎)
1,430円(税込)

 

多宇加世 第一詩集『さびていしょうるの喃語』
1,320円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

    関連記事はありません